インプラントの使用について

物を噛む、という動作は、脳内の血流を非常に良くしてくれます。実際に歯を失った方のがアルツハイマーなどの病気に掛りやすいという結果が出ています。原因は色々とありますが、やはり脳内への血流が悪くなることが考えられます。インプラントの使用により、歯を失っても物を噛むことに違和感がなくなりました。硬い物でもなんなく噛むことが出来て、結果として脳内の血流をアップさせてアルツハイマーなどの脳の病気の予防に繋がります。

インプラントが注目の理由

歯の治療で注目されているのがインプラントです。これは様々な歯の治療に適しているということで、例えば虫歯や歯周病で歯を失ってしまったような場合や、怪我や事故で歯が折れてしまった場合の治療、そして最近では歯の矯正といった治療にも利用されているのです。インプラントにすることで、天然の歯と同じような強い歯を取り戻すことができるということと、審美的にもきれいな歯とすることができ、歯の矯正では従来の方法より多く移動でき短期間で実現できるというメリットがあります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラントの治療費 All rights reserved